美しい半衿付けレッスン

 


和裁教室


美しい着姿は衿元から!襦袢の半衿を美しく付けるコツを学ぶレッスン

着物を着るときに避けては通れないのが襦袢への半衿付け。
はじめての方はもちろん、着慣れている方でも
なかなか時間がかかってしまい大変な作業・・・と面倒に感じている方も多いのでは?

しかしちょっとしたコツを覚えれば簡単で美しく付けることができます。
ピンと程好く張った衿元は美しい着姿の基本です♪

プロの和裁士が丁寧にお教えするので、
一度覚えてしまえば、これからの着物ライフがぐっと快適になるはずです♪



レッスンのお申込みについて
スケジュール

⇒ スケジュールはこちら

受講料 チケット1枚   ≫ チケットについてはこちら
持ち物 半衿と半衿を付けたい長襦袢をご持参ください。
※色付き半衿の場合は同色の糸をご用意ください。
※白糸のみスタジオに用意があります。
※糸は絹糸が好ましいです。
講師 so-sen 先生
 




講師紹介


和裁レッスン講師 so-sen

手で物をつくることが好きな人同士が集まって、おしゃべりしながら手を動かす。そんな時間から、素敵な発想は生まれてくると思います。私も「ヒラメキ」は得意なほうです。和裁の基本を抑えつつ、ご自身の着物生活がより楽しくなるような、唯一無二の作品を一緒につくりましょう。

学生の頃から着物文化に惹かれ、職業訓練校にて和裁を学び始める
2008年に仲間と和裁ユニット『ツヅクキモノ』を立ち上げ、着物を身近に感じていただくために運針ワークショップを各地で開催。
2017年には和裁だけでなく、洋裁や、刺繍、編み物なども含めて、日々の暮らしに手づくりを提案するため、so-senとして個人の作家活動を開始。