今回は、「羽織」について掘り下げてみます☆

「羽織」とは・・

洋服で言えば、
カーディガンのような存在です。
洋服のカーディガン同様に、カジュアルなシーンで着用します。
フォーマルシーンではNGです。


無地のものなら、
着物の柄を選ばずに、
何にでも合わせやすいので
最初の一枚にはおすすめです☆


柄のある羽織なら、
無地っぽい着物とコーディネートすれば、
羽織が主役の着こなしに。
この時期ならではの、着物の楽しみ方ですね☆

さて、ここで
羽織の着こなしポイントについて
確認しましょう!

①羽織の長さのいろいろ

羽織には、いろいろな長さがあります。
ちょうど帯が隠れる程度の長さのものや、
ひざ上丈、ひざ下丈など。

洋服のカーディガンの長さがいろいろあるように、
自分好みの長さを探して楽しめるのが羽織の魅力です。

丈が長いと、裾すぼめりになりエレガントな雰囲気に、
丈が短いと、カジュアルな印象になります。

②羽織の着方

羽織は、着物と同様に
肩から片方ずつ羽織ります。

最後に、
着物の衣紋のカーブに沿って
羽織の衿を半分に折り返します。


さて、最後に。
WAnocotoの着付けの先生たちに、
お好きな羽織コーデを聞いてみました☆


デニムの着物に、
柄ものの羽織をON!


首周りの防寒に、
こんな感じでファーを合わせたり。


同系色の着物と羽織でシックに。
羽織紐や、帯締め、帯留など
帯周りのアクセでコーディネートを楽しんだり。

いかがでしたか?
ワノコトでは、この時期の着付けレッスンでは、
羽織は生徒さんの心強いアイテムです。

なぜなら、
帯がちょっと崩れていても、
羽織を着てしまえばバレないので(笑)

ぜひ、皆さんも、
この時期の羽織の自分なりの楽しみ方を
見つけてくださいね!

 

banner_kimono_lesson
→着付けレッスンの詳細はこちら

 

wearing042

→お好きな内容で1回から受講OKの着付けプライベートレッスン(個別指導)の詳細はこちら