今月、11月は炉開きの月

気温がぐっと下がり、冬へと向かうこの季節。

茶室では釜を炉に据えます。

この炉開きが行なわれる11月は茶道において、

とりわけ特別であり、茶人のお正月ともいわれます。

茶道では、お湯を湧かすのに

5月〜10月は「風炉」と呼ばれる卓上式のものを使用します。

 

blogw

11月からは、

茶室の疊を切って備え付けられている「炉」を使います。

お客様に近い位置に釜を置き、炭火を近づける。

少しでも暖かさを届けるため、

これもお客様への心づかいの1つです。

 

茶道教室 炉開き
 

「炉開き」の楽しみのひとつが、

この時期に頂く「亥の子餅」。

「亥の子餅」は古来から、

無病息災と子孫繁栄を願って食べられていたお菓子で、

また「亥」は「水」の性質を持ち、「火」を防ぐとも考えられていたようです。

そこで、茶道の世界では、

火事にならないように、

「炉開き」のこの時期に「亥の子餅」を食べる習慣が始まったようです。

 

いのこもち

 

炉と風炉の時季では、

柄杓の扱いやお点前の所作も変わりますが、

四季を通して変わらないのは、お茶を点て、亭主と客が心を通わせること、

殊に炉の季節は、より自然とお客様との距離も縮まる気がします。

 

茶道には月ごとに季節を楽しむお点前が数々あり、

お稽古を重ねるごとに新たな発見も。

 

お茶室を訪れれば、

季節のうつろいと共に変化する。

茶花やお軸そしてお道具のしつらえは見どころたっぷり!

 

新しい季節を迎えて・・

さぁ、心機一転!お稽古を一緒に楽しみましょう

初めて学ぶ方もスタートを切るにはこの時期がぴったりです!

 

師走を迎える前に今こそ

ゆっくりと、しずかに、

季節を味わうひとときを過ごしてみませんか

 

WAnocotoの茶道レッスン
→詳細はこちら